1. HOME
  2. ブログ
  3. 恋する@猪名川町萌え萌えツアー

恋する@猪名川町萌え萌えツアー

いつも気になっている、あの娘と一緒に出掛けることになった。せっかくなので、猪名川町を案内して、都会では味わえない一日を過ごしてもらおうと思う。

まずは、猪名川町立静思館へ。猪名川町役場の南側に隣接している茅葺屋根の家。猪名川町で最も大きい民家の一つとされている「旧冨田家住宅」を、昭和59年に町が買い取り、文化の向上に役立てる目的で一般に公開しているという。
   
邸内には土蔵や井戸などもあり、学生時代に授業で習った覚えのある「へっつい(かまど)」を実際に見ることができた。

何でも、まだ現役で使用できるとのことで、イベント時にこのかまどを使用したこともあるらしい。内部には趣のある家具や道具類もあり、何か懐かしい感じがした。それにしても、この昭和モダンな邸宅の雰囲気と、彼女のコスプレは絶妙にマッチするな~。

次は車で移動して、北田原ます釣り場へ。大阪市内からも1時間以内の便利な場所だが、自然環境を生かしたダイナミックな釣り場である。彼女は、釣りは初体験とのことだったので、良いところを魅せるチャンスだ!
ちなみに初心者でも楽しめる場所もあり、また道具や材料を持ち込めば川原でバーベキューができるとのこと。そういえば週末になると、お父さんが釣りをしている横で、家族がバーベキューをしている、という姿もあったな~。平日も朝7時台には既に駐車場に車があり、釣り人の姿も見ることが多いが、朝一に放流があるからなのだな~と納得。放流しているニジマスは、レストランやホテルなどに納入されている魚とのことで、今日はバーベキューセットを持っていなかったから食べられなくて残念だった。でも、彼女が自然の中で釣りを満喫できたのでよしとしよう。空の青さとコスプレがマッチして、独特な世界観の写真が撮れたのは良かった。

ます釣り場の目の前には、建屋の雰囲気がとなりのトトロの世界を彷彿とさせる、阪急バスの大井バス停があり、こちらでも撮影した。


また車で移動。大野アルプスランド(大野山)へ。阪神地域の最高峰である大野山。標高753メートルの山頂にまずは向かう。360度余すところなく景色が楽しめる。六甲山脈越しに神戸の市街地や、明石海峡大橋、淡路島や瀬戸内海まで見渡せる。遠くは大阪市内のビル群も見える。天気が良く見通しがよければ、大阪のあべのハルカスまでみえるらしい。
山頂の向かい側には、猪名川天文台(アストロピア)がある。1階ではデジタルプラネタリウムでの星の学習、2階では50cm反射望遠鏡で星空観察や日中の太陽の黒点観察などができるとのこと。そういえば、冬の夜に猪名川町で見上げる星空はきれいだな~。プラネタリウムで予習して、大野山で星空撮影するのも良いかもしれない。


山道なので、彼女の足元に注意しながらエスコートして、天文台の少し下の広場へ。ここからは柏原の棚田の風景が望める。ここでも青空にコスプレが映えてとても良い時間が過ごせた。最近、大野アルプスランドの施設整備工事が実施されて、トイレ棟が改修されていた。あたかも山荘のような外観で、棟内も明るく利用しやすい施設となっていた。

最後は、猪名川町立ふるさと館の公園へ。芝生広場や人工水路があり、奥には猪名川が流れているため、夏には川遊びを楽しむ人たちで混雑することも。夕陽の中、芝生広場で撮影をして、コスプレの彼女に一日猪名川町を満喫してもらった。他にも案内したいところはあったのだが、本日はこの辺で!

The following two tabs change content below.

おかてつ

土日は仕事の通信会社サラリーマン。火・水の休日に活動中。地域の繋がりを大切に、楽しいことしていきます♪

関連記事